医者

甲状腺の病気を防げ|喉に違和感を感じたら

手術後が大事

医者

喉にがんができる咽頭がんになるのはつらいことですが、このようにフォローしてくれる医療体制が整っています。一番よくないのは放置しておくことなので、がんだからと諦めずに手術後の回復のためのリハビリなどを頑張っていきましょう。

More...

抗原の排除のために

病棟

免疫力が低下すると、体では抗原を撃退する抗体が作られにくくなります。しかし患者の血液に様々なたんぱく質を注入するという免疫沈降により、その中から抗体として働くものを見つけることができます。撃退された抗原は通常は沈殿しますが、沈殿しない場合には、磁力を帯びたビーズで引き寄せて分離させることもできます。

More...

早期に精密検査を受ける

看護師

甲状腺の病気は男性に比べると、女性にやや多い傾向があります。更年期障害や他の病気と症状も似ているため、病気を発見してもらうためには、甲状腺専門の医師による診察や検査を受ける必要があります。甲状腺の病気には、甲状腺ホルモンがうまく働いていない甲状腺機能低下症や、甲状腺ホルモンが活発に働きすぎている甲状腺機能亢進症や、甲状腺がんなどがあります。体がだるく疲れやすいと感じたり、発汗がしやすい、頭髪が抜ける、動悸や息切れなどの症状が見られます。甲状腺は喉仏の周囲にある小さな臓器ですが、この部分が腫れているので、気付く人も多いです。甲状腺機能亢進症は体重が減少してきますが、甲状腺機能低下症の場合は体重が増加します。

専門クリニックや病院に行くと、医師が血液検査を行ったり、頸部の超音波検診を行っているので、まずは精密検査を受けて下さい。心電図を測定したり、尿検査などを行う場合があります。超音波検査は痛みなどもなく、体に負担が少ないので、安心して下さい。甲状腺の病気が診断されると、内服薬が処方されるのでしばらくの間は続けることが大事です。甲状腺の病気の甲状腺がんは、他のがんに比べると悪性度が低いため、命をおびやかされることは少ないですが、手術が必要になることがほとんどです。甲状腺の病気は進行してくると、家事や仕事、育児などにも影響が出てくる場合があるので、早い段階から治療を始めることが大事です。内服薬をしばらく続けていると、少しずつ体調が整ってきます。

がん治療の新たな可能性

カウンセリング

免疫力を高めてがん治療に臨む免疫療法には、副作用が少ないなどの利点があります。しかし、エビデンスが足りなかったり、単独での治療が出来ません。その点を理解して他の治療と併用すれば、高い効果が得られる可能性があります。良い医院を選ぶ為には、様々な面から見て免疫学の知識が豊富な医師を選びましょう。

More...